Simple idea Relax
HOME>基礎知識の書庫

| 基礎知識の書庫 |

髪の毛のしくみ
1日に髪はどれだけ伸びる?
髪の毛のしくみ

日本人の髪の毛は平均すると、1日に約0.3~0.4mm伸びるといわれます。
これを1週間にすると2.1~2.8mm、1ヶ月で9~12mm、1年で109.5~146mm伸びる計算となります。
1年でたったの10~15cmしか伸びないのか、と思われた方も見えると思いますが、髪の毛は10万本もあることを忘れてはいけません。全体の髪の成長量から1本として計算して見ると、30~40m/1日、10.95~14.6km/1年も伸びているのです。
体のどの部分を探してもこれほどの成長を見せる箇所はないといわれます。
逆に言えば、すさまじい髪の成長は新陳代謝が激しいため、汚れが溜まりやすいといえます。
ですから、しっかりとした頭皮ケアが必要であり、ちょっとした変化で、影響の出やすい箇所です。
この髪の毛の伸びる速度は、個人によって大きく差が生じます。要因としては、生活習慣、ストレス、天候などが考えられ、一説によれば、最大10%前後の誤差が生じると言われます。
また、髪が成長するのは、主に午後11時~午前2時頃が活発で、昼間の活動している時間帯はほとんど成長しないようです。このことからも判るように、この最も髪が成長する時間帯に睡眠を十分にとらないと髪の成長に影響を及ぼすと考えられます。

 

髪の毛の平均的な本数とは?

成人した日本人の髪の毛の平均は約10万本程度と言われます。多い方で、13~14万本、少ない人で6~7万本と多少の幅があります。
但し、髪の素である毛穴は生まれてから数が変わることはありません。そのことからも判るとおり、髪の本数とは遺伝的な部分がかなり影響していると言えます。
また、1つの毛穴から生える髪は、1本とは限らないため、『毛穴の数=髪の本数』とはなりません。
さらに、単純に髪の本数が多ければ、見た目に髪がフサフサしているとは限らず、髪の毛の質によっても大きく見た目は変わります。
たとえば太くてしっかりした髪の毛の持ち主は、多少本数が少なくても、フサフサな髪の毛に見えます。


髪の99%はタンパク質

髪の99%はケラチンというタンパク質の1種で構成されています。このことから、髪の毛にとってタンパク質は不可欠であり、重要な要素であるといえます。
ここで重要なのは、このケラチンを構成するメチオニンというアミノ酸は体内で合成できません。そのため、小麦粉・牛乳・レバー・肉・卵・魚・大豆・肉などの食事で、摂取する方法が一番効果的です。
特に植物質の大豆などのタンパク質は、不足しがちですので積極的に摂取するよう心がけましょう。
また、植物質タンパク質はダイエットなどでタンパク質を控えている方にも適していると言えます。


お問い合わせ

tel

フォームでのお問い合わせ

ご質問等お気軽にご相談下さい。