Simple idea Relax
HOME>基礎知識の書庫

| 髪と頭皮の悩み |

フケ症?・・・脂漏性皮膚炎
フケと頭皮ケア

フケは頭皮の角質層が新陳代謝によりはがれ落ちたものです。誰にもあるもので、適切な洗髪をしていればあまり目立つものではありません。
しかし、いろいろな原因ではがれ落ちる量が増加するとフケ症となり目立つようになります。原因のひとつとして脂漏性皮膚炎があげられます。
皮膚には毛孔のそばにある皮脂腺から皮脂が分泌されています。皮脂の分泌が増加した状態(脂漏状態)に細菌や真菌(カビ)が関与し、皮脂が刺激の強い遊離脂肪酸となり炎症を起こすのが脂漏性皮膚炎です。
発生しやすいのは頭皮、鼻の周り、耳の後ろ、胸、わきの下などです。乳児の脂漏性皮膚炎は自然に治ることもありますが大人の場合は繰り返し発症し治療が必要となることが多いです。

脂漏性皮膚炎の治療法

・入浴は毎日行い、患部を丁寧に洗いましょう。頭は刺激の弱いシャンプーで爪を立てずにもむように洗い、皮脂を除去しましょう。入浴後、外用薬を使用しましょう。


・ビタミンB群が皮脂のコントロールに有効です。色つき野菜を十分に取りましょう。便秘も増悪因子です。繊維分の多い野菜も忘れずに。

・皮脂の元になる中性脂肪の多い食べ物(チョコレート、スナック類などの甘いものや油っこいものなど)は控えましょう。


フケと食べ物の関係

・ストレスや睡眠不足も増悪因子です。心も体もリラックスしましょう。


フケの原因と角質の入れ替わり頻度

フケは誰にでも発生するものですが、なぜか異常に発生してしまう人がいます。
正常な頭皮の角質は、1ヶ月位かけて古い皮膚がはがれ落ちていき、新しい角質と入れかわっていきます。このはがれ落ちる古い皮膚がフケとよばれるものです。
この角質の入れ替わりが速くなると頭皮のかゆみとともにフケがひどくなっていくのです。
では、なぜこの角質の入れ替わりが速くなるのでしょうか。
頭皮には健康な頭皮、フケ症の頭皮に関係なくフケ原因菌が存在しています。
このフケ原因菌は、皮脂線から分泌される皮脂を栄養源として増えていきます。この原因菌が異常に増えすぎると頭皮の角質が刺激されます。
この刺激で角質の入れ替わりが速められ、頭皮のかゆみや大量のフケの発生が起きているのです。


頭皮ケアのための頭皮用シャンプー

自分でできる頭皮のケア・対処法は、頭皮の汚れをとり頭皮環境を整えることができる頭皮用シャンプーの使用と、正しいシャンプー方法を身につけることです。
放っておくと頭皮が炎症を起こし、かゆみを伴い、病院での治療を余儀なくされます。フケやかゆみで悩んでいたら、皮膚科で診てもらうか、日常使用するシャンプーから見直してみることも重要です。
意外と自分にあっていないシャンプーなどの使用で、フケやかゆみが治まらない人も多いのです。

お問い合わせ

tel

フォームでのお問い合わせ

ご質問等お気軽にご相談下さい。