Simple idea Relax
HOME>基礎知識の書庫

| 【髪・頭皮】と食品 |

毛髪によい食べ物とは何か
髪の基本成分、ケラチンのもとになる上質のアミノ酸を含むたんぱく質

肉類、魚類、卵、大豆や大豆製品、牛乳や乳製品がこれにあたります。髪の毛の主成分は、含硫アミノ酸というイオウをたくさん含むたんぱく質で、これは動植物のたんぱく質にたくさん含まれています。
日常の食事の中で、動植物のたんぱく質をバランスよくとることが大事です。
中年以降の人ではコレステロールを高くしやすい肉類よりも、魚類、とくに青身の魚や豆類、なかでも大豆や大豆製品などを多めにとることをおすすめします。


血行をよくして抜け毛を防ぐビタミンE、A、P

わかめ、ひじき、昆布などに代表される海藻類海藻を単独でとるよりも、たんぱく質と組み合わせた料理にしたり、肉や魚科埋のつけ合わせにして食べると、効果があがります。


頭皮の新陳代謝をよくするビタミンB群

ビタミンEを多く含んだ、玄米、胚芽米、ゴマ、ナッツ類、小麦胚芽油、紅花油。ビタミンAを多く含む二ンジン、カボチャ、コマツナ、ホウレンソウなどの緑黄色野莱。ビタミンPの多い、レモン、オレンジなどの柑橘類、アンズ、サクランボ、そば粉。
血管をしなやかにして、コレステロールをためないようにするには、エイコサペンタエン酸(EPA)を多く含む、イワシ、サバ、ブリなどの新鮮な青魚を食べることですが、青魚は、たんばく質も同時に摂取できるので、髪を健康にするには一石二鳥の効果が期待できます。


髪の艶や張りをよくするコラーゲンを含むねばり気のあるもの

山芋、長芋、里芋、レンコン、納豆など、ぬめりのあるもの。これらを、たんぱく質といっしょに料理して食べると、艶やかで丈夫な髪になります。

お問い合わせ

tel

フォームでのお問い合わせ

ご質問等お気軽にご相談下さい。