Simple idea Relax
HOME>基礎知識の書庫

| 【髪・頭皮】と食品 |

フケと食べ物の関係

フケは頭皮から剥がれた古い角質細胞です。
原因を知り、早めに対策をしたいものです。
また、正しいシャンプーの方法、食生活の見直しや規則正しい生活が大切ですあり、フケを予防することが大切です。たかがフケくらいと思わないで、症状が悪化する前にきちんとした対策をしり、予防に努めることが大切です。
まずは規則正しい生活をすることがフケ予防の基本です。寝不足が続いたり過度のストレスがあると、頭皮に異常が発生します。頭皮に異常が発生した場合、かゆみが起こり、そこからフケの原因となってしまうことがあります。


フケの予防にいい食べ物

次に気をつけたいことは食事内容です。
3食バランスよく食事をしていますか?脂肪分の摂り過ぎや暴飲暴食、スナック類やファーストフードの食べすぎはフケのもとです。また刺激の強いもの、辛いものの食べすぎもフケの原因となります。
フケを予防する食べ物としてあげられるのがビタミンBを含んだもの、特に野菜がフケにはよいとされています。ビタミンBを多く含んでいるものにはレバー、魚介類、ほうれん草、牛乳などです。
また、便秘も皮膚にとっては決していいことではありませんので食物繊維を多く摂取しましょう。食物繊維は海草、キノコ類に多く含まれています。
フケが気になりだしたら、これらの食材を意識して摂るようにしましょう。また、規則正しい生活、バランスのよい食事内容を心がけるだけでも、フケの予防になります。


フケの予防には、ほうれん草

年間を通して手に入りますが、栄養価が高まり、おいしさも増す旬の季節は冬。霜にあたって甘みが増すと言われています。
ほうれん草はとても栄養価が高く、緑黄色野菜の代表です。とくにカロチンやビタミンC、鉄分を多く含んでいます。カロチンは抗酸化作用があると言われ、発ガン性物質の毒性を軽減して、がん予防に効果が期待できるほか、動脈硬化を防ぐ作用もあるとされています。
またカロチンとビタミンCの相乗的な効果で、肌荒れの防止、かぜ予防にも有効です。
根元の赤い部分には骨を丈夫にするマンガンが豊富に含まれていますので、捨てずに食べるようにしましょう。ビタミンB1・B2、カルシウムなどの不足しがちな栄養素を含んでいて、消化もよい食材なので体質改善や病人にも向いています。


ほうれん草を使った簡単レシピ
ほうれん草

ほうれん草のピーナッツ和え
ピーナッツバターと煮干粉を使う、手軽でヘルシーなレシピ。カルシウム強化タイプの煮干粉を使用するとよいでしょう。
ピーナッツやほうれん草に含まれるマグネシウムがカルシウムの吸収率を高めてくれます。
ほうれん草のおひたし ほうれん草といえば、ビタミン・ミネラル・食物繊維と栄養の宝庫。手早くできる定番の一品です。

 
お問い合わせ

tel

フォームでのお問い合わせ

ご質問等お気軽にご相談下さい。