Simple idea Relax
HOME>基礎知識の書庫

| 【髪・頭皮】と食品 |

イワシと育毛
イワシという食品での方法
いわし

ハゲ予防とのための食品が、ベンジャミン・S・フランク博士により紹介されています。
アメリカのアンチエイジングの見地から、ハゲ対策およびについて食品の効果とは?
結論から言うと、イワシを食べることの効果は、大きいといわれます。
ハゲを予防し、を促進するためには、イワシの缶詰を食べて核酸を摂取せよ、というのが第一のポイントのようです。
薄毛予防の人で、何人かはイワシを食べていることと思います。まだ、イワシを週に4回食べる法を試していないのなら、ぜひ試してほしいのです。私は、ただ単にイワシ法を薦めているだけはありません。イワシを週に4回食べる発毛法は、アメリカのアンチエイジング、すなわち不老科学の最高権威でもある、ベンジャミン・S・フランク先生はアメリカの最高権威でそのノウハウの第一人者であり「イワシを缶詰で、あるいは生で、週に4回食べると良い」と言っています。

若返りに必要な食品とは、

1.いわし(缶詰が核酸が多い。生でも缶詰でもOK)週に4回。
2.サケ(週に1回)
3.エビ、カニ、ハマグリ、カキ、イカを週に1回。
4.週に1回その他の魚をたべる。
5.週に1回牛のレバーを食べる。

この方法は、医学博士のベンジャミン・フランク先生の説ですが、先生の著書「老化は食べ物が原因だった」は、西洋的な考えでまとめられた良書です。
この法、つまりアメリカ不老科学の食事療法を実行さえすれば、成果の再現性のあるノウハウなのです。 ベンジャミン先生の核酸食事による法、高橋由美子先生による漢方療法血行促進、これらのノウハウを実践することで、克服困難と言われる、遺伝性の若ハゲも解消できるわけですね。

 
お問い合わせ

tel

フォームでのお問い合わせ

ご質問等お気軽にご相談下さい。