Simple idea Relax
HOME>ヘッドスパひととき

| ヘッドスパ◆マメ知識 |

パーマやカラーでアルカリに傾いた髪を健康な弱酸性に。
 

【パーマやカラーでアルカリに傾いた髪を健康な弱酸性に。】

パーマやカラーで髪が傷むのは、様々な薬剤に含まれているアルカリ性の成分が毛髪に残る為です。水と炭酸ガスだけの無添加で、pH4.5~5.0という弱酸性の炭酸泉なら、パーマやカラー後のシャワーに使うだけで、薬剤による負担を取り除き、髪を本来の弱酸性へと戻します。その効果は、確かな実験によって検証済みです。
写真は 石巻専修大学理工学部教授 工学博士 亀山先生による実験です。パーマ施術を重ねる度に毛髪がどんどんアルカリ性になって行くのに対し、炭酸泉処理後は毛髪が弱酸性に戻っていることがわかります。

戻る